ひとりごと

2005年09月13日

実力発揮

hare.gif 残暑が厳しい


 11日のテレビの衆院選特別番組は、久米宏氏(61)筑紫哲也氏(70)コンビのTBS「乱! 総選挙2005」第1部(午後7時58分〜10時30分)の平均視聴率が15・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、民放トップに立った。同局の選挙特番で15%を超えたのは、プロ野球と同時中継だった95年7月の参院選以来10年ぶり。「生ニュースに強い」久米神話は健在だった。
 久米氏は生き生きとしていた。選挙特番はテレビ朝日「ニュースステーション」のキャスターを務めていた03年11月衆院選以来だったが、舌ぽうはさびついていなかった。各党党首、注目候補者を相手に丁々発止のやりとりを展開。午後7時58分から翌12日午前2時まで6時間の長丁場に疲れも見せず、パートナーの筑紫氏を脇に従えるかのような独壇場だった。
 その見事な仕切りぶりには、14年ぶりのテレビ共演だった筑紫氏も「久米さんといっしょで楽しかった。インタビューの仕方など『うまいなあ〜』と感心していました」と舌を巻いたほど。久米氏は「久しぶりの生放送なので、緊張しました。良い結果が出て、ホッとしています」とコメントに満足感を漂わせた。
 同局の選挙特番は、00年衆院選が10・5%。03年衆院選は7・9%で、民放ではフジテレビ12・4%、日本テレビ10・5%、テレビ朝日9・5%に続き4位だった。それが久米トークで一気にトップに。しかも選挙特番での15%超えは、95年の参院選以来10年ぶりだった。樋田敦プロデューサーは「久米さんの瞬発力は想像以上にすごかった。そのおかげでスピード感あふれる内容となった。中継で出演していただいた方も、しゃべりやすかったのでは。大成功でした」と久米マジックに脱帽した。
 久米氏は、今春開始の収録ものの情報バラエティー番組「A」が視聴率低迷のため、3カ月足らずで打ち切りになり、神通力に? がともっていた。しかし、生ニュースで本来の切れ味を見せつけたことで、各局の争奪戦がまた激化しそうだ。


さすが久米さんですな。
Nステ以来の生番組でのトークは聞いてても分かりやすく、チャンネルを変えてしまうのはCM時だけでしたよ。


久米神話は健全で素晴らしかったです。


久米氏も勝った! TBS選挙特番民放1位

視聴率




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
投稿者 hi^-^ro : 2005年09月13日 12:35


コメント 
blank_space
コメントする




必須ですが表記はされません





たま〜にですが、「酢鶏」という人工無能によるコメント投稿があります。可愛くも人工無能ですのでどんな投稿をするのかサッパリと分かりません。ですのでコメント内容に関してはあまり気にしないでくださいね。
作者のLanタソさんに感謝! 

コメント内に「http://」は記載しないでください。スパムと判定します。




名前、アドレスを登録しますか?






blank_space

この記事に関する商品 by:amazon
blank_space

本日のリンク元
blank_space
19316095899837300343
最近のエントリー
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2017綛817 憜
  若悟 / 6095900若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space