ひとりごと

2006年03月30日

ゴージャスは○○姉妹だけじゃない

hare.gif 桜も満開です


 米デル社による http://www.alienware.com/ 米エイリアンウェア社の買収から思い浮かべるものといえば、これまで知られている最も高価なデスクトップ型コンピューターの数々だ(ここでいうデスクトップには――サーバーやスーパーコンピューターは含まない)。もっとも、コンピューターの自作マニアなら、これから紹介するようなコンピューターの値段の半分かそれ以下で、同等のものを組み立てられるだろう。だが、金に糸目はつけないのであれば……。では早速見ていこう。

060330_pc.jpg

 ↑ 80万ドルのパソコン・・・Σ(゚Δ゚*) ウォッ!

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=0&s=1 デル社+エイリアンウェア社 1万ドル(写真)
 この強烈なデザインに釣り合うよう、ライフスタイルそのものを変えなければならないかもしれないが、それだけの価値はある。デル社は http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20060323105.html 22日(米国時間)にエイリアンウェア社の買収を発表した(日本語版記事)直後に、筋金入りのゲーマー向け製品『XPS600 レネゲード』を発表した。価格が1万ドルのXPS600は、『スケーラブル・リンク・インターフェース』(SLI)技術を採用し、米エヌビディア社製グラフィックスカードを4枚搭載する初のパソコンだ。ただし、今ではエイリアンウェア社も、同じグラフィックスカードを積んだパソコンを自社サイトで販売している。(写真:デル社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=1&s=1 ブードゥーコンピューターズ社の『オーメン』 2万4000ドル(写真)
 カナダのブードゥー・コンピューターズ社が販売するこのパソコンは、マニアにとって究極のステータスシンボルとなっている。2TB(テラバイト)のハードディスク、4GBのRAM、それに米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)社のデュアルコア・プロセッサー『FX-60』を搭載し、優れたパフォーマンスを発揮する。この特殊加工の筐体――仕上げは金、胴、ニッケルから選べる――のコンピューターを使うときは、表計算ソフトを利用するにも格好よく決めなければならない。米アップルコンピュータ社の上位機種『G5』がこの製品に近いが、ブードゥー社の製品は、誰も知らない自分だけのおもちゃを独り占めしているような感覚をもたらしてくれる。2万4000ドルという価格を考えれば、その感覚も間違いではないかもしれない。スペックは http://www.voodoopc.com/transactions/qksummary.aspx?Qsessid=d07aea51-97d5-4297-bf43-7c0fa9caaff6 ここで確認できる。(写真:ブードゥー・コンピューターズ社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=2&s=1 アップル社のG5 2万1000ドル(写真)
 このフル装備のG5はそれなりの費用がかかるが、決して無駄にはならない。ほとんどステータスに対してお金を払っているかのようなブードゥー・コンピューターズ社の製品と違い、2万1000ドルというG5の価格には、16GBのSDRAM(これだけで1万ドルを超える)、エヌビディア社製の『Quadro FX 4500』(約2000ドル)、それに1TBのハードディスク(約1000ドル)が含まれているのだ。それに、友人たちがその性能をわかってくれようとくれまいと、アップル社のデザインはいつも素晴らしい。(写真:アップル社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=3&s=1 エイリアンウェア社製品 1万5000ドル(写真)
 長年にわたり優れた品質で評価されてきたエイリアンウェア社のこの製品は、SLI技術を採用したエヌビディア社製グラフィックスカードを4枚搭載し、ゲーム好きにとってぜいたくな一品だ。1万5000ドルには、大画面で戦闘ゲームを楽しめる4面マルチ表示対応ディスプレー(5000ドル)も含まれている。しかし、エイリアンウェア社のサイトによると、すべてのスロットがグラフィックカードで埋まっているため、ハイファイ音声を出力するサウンドカードを差し込む余地はないという。ここが泣き所だ。(写真:エイリアンウェア社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=4&s=1 『マッハ5』 1万7000ドル(写真)
 『マッハ5』(Mach V)のことを教えてくれたニックに感謝する。このコンピューターの大きな魅力はカスタマイズができることで、ほぼすべてのパーツを自分で選べる。『PhysX』(フィジックス)アクセラレーターを搭載できるのもいい。しかし、写真のような勇ましい米国国旗のデザインを施すと、約1万7000ドルかかる。(写真: http://www.falcon-nw.com/ 米ファルコン・ノースウェスト社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=5&s=1 米オーバードライブPC社の『ジェミニ.SLI』 1万5000ドル(写真)
 これはMtt11に感謝。構成をカスタマイズすることで、この高性能パソコンの値段はあっさりと1万5000ドルを超える。われわれが理想とするスペックを書き出してみよう。プロセッサー:AMD社製『オプテロン 280』(デュアルコア、2基)のオーバークロック仕様。ランダムアクセスメモリ(RAM):8GB DDRメモリ。CPU冷却装置:オーバードライブPC社特製の水冷システム(内蔵)。GPU:エヌビディア社製『クアドロFX4500』512MBのオーバークロック仕様。

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=6&s=1 蘭チューリップ・コンピューターズ社の『イー・ゴー』(E-Go) 35万5000ドル(写真)
 ノートブック型コンピューターも、このダイヤモンドをちりばめたコンピューターの出現によって、ついにオートクチュールの世界に突入した。「たったの」35万5000ドルを払ってカフェに持っていけば、周りの客はうらやましさのあまり、他には何も見えなくなってしまうだろう。精巧にカットされたダイヤモンドのきらめきで幻惑するのだ。(写真: http://www.ego-lifestyle.com/home.htm蘭イー・ゴー・ライフスタイル社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=7&s=1 米トゥルビア社の『EPC』 5万5000ドル(写真)
  http://www.truvialuxury.com/ トゥルビア社は、高級コンピューター向けに手作りの精巧な筐体を作っており、同社の製品は「アーミッシュのコンピューター」[アーミッシュはキリスト教プロテスタントのメノー派の一派で、独自の生活様式と手作りの工芸品が有名]と呼ばれている。細部まですべて購入者のニーズに合わせて作られるため、この写真のような製品の場合、5万5000ドルを超えることがある。(写真:トゥルビア社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=8&s=1 デカダン派風ディスプレー 80万ドル(写真)
 高価な宝石をコンピューターの筐体にちりばめたり、手作りで木の板から筐体を作ったりする以外に、最もお金をつぎ込める付属品はディスプレーだ。 http://www.9xmedia.com/ 米9Xメディア社は、驚くほどたくさんの画面をつなぎ合わせたディスプレーを発売した。同社では、高精細(HD)画面を最大64枚つなぎ合わせた製品を提供できるといい、同社のサイトによると、64面構成でほぼ80万ドルになるという。多面スクリーンの設置例は http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=9&s=1 こちら。(写真:9Xメディア社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=10&s=1 『ゼンビュー・アリーナ』シリーズ(写真)
 米デジタル・タイガーズ社のオンラインストアでは、さらに豊富な種類のディスプレーを妥当な価格で提供している。この『 http://www.digitaltigers.com/zenview-arena21s.shtml ゼンビュー・アリーナ21S』を使えば、同時にたくさんの作業を楽々とこなせるようになるが、価格はわずか4000ドルだ。(写真:デジタル・タイガーズ社)

http://blog.wired.com/expensivepcs/index.album?i=11&s=1 筐体の改造(写真)
 筐体をちょっと改造するだけでは大した出費にはならない――この筐体の改良は375ドルだ――が、これなら注目を浴びること間違いなし。(写真: http://www.crazypc.com/ 米クレイジーPC社)

[日本語版:佐藤 卓/高森郁哉]日本語版関連記事

http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20060324101.html2006年版「最も高価な自動車10傑」

http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20060323105.html デル、ゲーム専用機メーカーのエイリアンウェアを買収

http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20051007105.html 14万円相当の高級携帯、欧州で発売へ


ここまで凝る人も居るから商品として発売されてると思うのだけど、実際購入し、使用してる人を見て見たいもんだわ。


「最もゴージャスなパソコン」を写真でご紹介

パソコン新製品




このエントリーのトラックバックURL:
      [ 参考になりましたか? ] [ Web ]
blank_space
投稿者 hi^-^ro : 2006年03月30日 08:26 | トラックバック | Edit | Clip!! | このエントリーを含むはてなブックマーク


コメント 
blank_space
コメントする




必須ですが表記はされません





たま〜にですが、「酢鶏」という人工無能によるコメント投稿があります。可愛くも人工無能ですのでどんな投稿をするのかサッパリと分かりません。ですのでコメント内容に関してはあまり気にしないでくださいね。
作者のLanタソさんに感謝! 

コメント内に「http://」は記載しないでください。スパムと判定します。




名前、アドレスを登録しますか?






blank_space
Trackback
blank_space

この記事に関する商品 by:amazon
blank_space

本日のリンク元
blank_space
4506107856610203671
最近のエントリー
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2017綛1125 憜
  若悟 / 6107857若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space