ひとりごと

2006年07月09日

ジワジワと来てます

kumori.gif 小雨もパラパラ


 原油価格が史上最高の水準まで値上がりしているのを受けて、ガソリンの値段も上昇している。レギュラーガソリンの全国平均価格は3日現在、1リットル=136円で、湾岸戦争中の91年1月28日以来15年ぶりの高値が2カ月間続いている。ただ、原油価格は急激に上昇し始める前の04年初めに比べ倍以上になっているのに対し、ガソリンは3〜4割高で収まっている。この先、一段の上昇はあるのだろうか。生活への影響は−−?

 ◇2年半で36円値上がり
 ガソリンが値上がりしている原因は、原材料の原油価格の急騰。国際指標である米国産標準油種(WTI)は、中国の需要増や中東情勢の不透明化を背景に04年初めの1バレル=30ドル台から現在は倍以上の1バレル=70ドル台に上昇、過去最高水準が続いている。先行きも「世界的な好景気で需要は拡大しており、引き続き上昇しやすい状況」(銀行系シンクタンク)にあり、「1バレル=80ドル」を予想する声さえある。
 石油製品の店頭価格を調査している石油情報センターによると、ガソリン価格は90年代末から04年初めごろまで1リットル=100円前後で推移していた。しかし、原油の値上がりで04年春ごろから上昇カーブを描き出し、05年1年間で11円、今年は半年余りですでに8円も上昇した。
 さらに、今月1日には石油元売り最大手の新日本石油が直系のガソリンスタンド向け卸売価格を1リットル当たり4〜7円引き上げ、同じ元売りの出光興産、ジャパンエナジーも卸売価格を0・5円値上げしており、値上げに踏み切るガソリンスタンドが相次ぐ可能性もある。これから夏休みのレジャーシーズンに入るだけに、ガソリンの一段の値上がりは家計にとって痛手になりそうだ。
 ◇英仏独よりは安いが
 とはいえ、原油価格に比べるとガソリンの値上がりはそれほど大きくない。そのからくりは、ガソリン価格の構成にある。例えばガソリン価格が1リットル=130円の場合、半分近くの62円はガソリン税などの税金部分にあたり、税金が変わらない限り一定だ。原油価格の上昇が反映するのは残りの68円の部分なので、全体としてはそれほど増えない仕組みだ。
 また、原油価格が上がっても業者は他社との競争で勝ち抜くため、さまざまなコスト削減で原油高の影響を吸収しようとする。特に全国に4万2000店がひしめくガソリンスタンドの価格競争は激しく、新日石が昨年1月〜今年7月に卸売価格を計26.6円値上げしたのに対し、同期間の新日石直系ガソリンスタンドの店頭価格は16円の上昇にとどまっている。
 現在のガソリン価格を過去と比較すると、10年前の96年の年間平均価格は1リットル=107円で、上昇幅は27%ほど。過去最高だった82年の年間平均価格は1リットル=164円だが、その後の物価全体の上昇などを考えて現在価格に置き換えると1リットル=198円に相当する。それに比べると、いまのガソリン価格は60円以上も安い計算だ。
 国際的にも、実は日本のガソリン価格は必ずしも高くない。今年5月の平均店頭価格をみると、先進国でも突出してガソリン税が安い米国は1リットル=86円だが、フランスは1リットル=187円、ドイツは1リットル=194円。北海原油を抱える産油国の英国も1リットル=201円だ。
 ◇地方のバスも、海外旅行も…
 過去のピーク時や国際比較ではとんでもなく高いという印象を受けない現在のガソリン価格だが、家計に及ぼす影響は決して小さくない。
 総務省が物価全体の動きを示す指標として発表している消費者物価指数に占めるガソリン価格のウエートは約1.8%で、消費全体に占めるガソリン代は実はわずかでしかない。第一生命経済研究所の試算によると、ガソリンの年平均価格が10円上昇した場合、その値上がりによる個人消費の押し下げ効果は0.1%程度といい、同研究所は「景気回復による所得環境の改善を踏まえればガソリン値上がりの消費への影響はほとんどない」と指摘する。
 ただし、これはあくまでマクロ経済の観点からの試算。一般の家計で考えれば、軽油も含めた広い意味での自動車燃料の値上がりは自動車を使用するさまざまなサービスの価格上昇につながる。  例えば、宅配大手の日本通運は燃料費の増加が06年3月期決算で43億円の減益要因で、ヤマトホールディングスも30億円の減益要因になった。ガソリン値上がりが続いて収益がさらに悪化すれば、宅配便の料金値上げなどの形で消費者にしわ寄せが及びかねない。
 地方の路線バスでは、赤字穴埋めのため国や自治体から補助金を受けている路線が全国で約1800もある。補助金をもらうには経営努力を示さなければならず赤字を一定額に抑えないといけない。だが、燃料費高騰でぎりぎりの経営状況のところが多く、値上げか、路線廃止かを迫られる路線も出てきそうだ。
 ガソリンの一種のジェット燃料を使う航空業界では、日本航空グループの05年度の燃料費が前年度に比べ882億円も増え、06年度も400億〜500億円増える見込み。このため国際線の運賃を昨年7月と今年3月の2回にわたって大幅に引き上げ、たとえば東京−ブラジル間では計1万1500円の値上げに踏み切った。全日空も3月に国際線を値上げした。


ガソリンも少しずつ値上げして行ってますね。

画像にある82年が過去最高とありますけど、ここまでなっちゃうとマズイわな。

当事を経験してますが、そりゃもぅ大変でした。

それでも控えるって事はしませんでしたけど・・・(汗)


あんまり値上がらないでおくれよ。。。


※宣伝トラバが多いため、このエントリーはトラバさせません。


ガソリン 値段上昇 1リットル=136円で家計に打撃

原油価格動向




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
投稿者 hi^-^ro : 2006年07月09日 17:21

この記事に関する商品 by:amazon
blank_space

本日のリンク元
blank_space
49560908120179011249
最近のエントリー
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2017綛625 憜
  若悟 / 6090812若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space