ひとりごと


2006年04月02日

イナバウアー

kumori.gif 今日は雨予報です


060402_arakawa.jpg トリノ五輪のフィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香(プリンスホテル)らが1日、名古屋市内のレインボーアイスアリーナで行われたアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」に出演し、華麗な演技を披露した。
 荒川は、トリノ五輪エキシビションで使用した鮮やかな青色の衣装で登場。代名詞となったイナバウアーを見せると、超満員4000人の観客から盛大な拍手がわき起こった。

 そのほか、トリノ五輪フィギュアスケート女子4位の村主章枝(avex)、同代表の安藤美姫(トヨタ自動車、中京大)、15歳でシニアのグランプリファイナルを制した浅田真央(グランプリ東海クラブ)や、3月の世界ジュニア選手権男子を制した小塚崇彦(愛知・中京大中京高)ら日本のトップスケーターが、氷上に華を添えた。


荒川選手の演技はとても素晴らしく綺麗で、いままでフィギュアスケートなんてあまり見なかったのですけど、オリンピック以来、ついつい記事とかにも目が行き、チャンネルも合わせてしまいます。

金メダルの威力だけではなく、持ってる演技力による表現が寄せ付けるのでしょうね。

これからも頑張ってください。


だけど、ここまで曲げてもコケないのが凄い。。。


荒川、アイスショーに出演 超満員4000人を魅了

荒川静香




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2006年04月01日

松本竜助さん死去

hare.gif 桜が満開でした


 漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」で人気を集めたタレントの松本竜助(まつもと・りゅうすけ、本名稔=みのる)さんが1日午前5時2分、脳出血のため大阪市内の病院で死去した。49歳。徳島県出身。葬儀・告別式は3日午後2時から大阪市北区長柄西1ノ6ノ14、大阪北玉泉院で。喪主は妻妃加子(ひかこ)さん。
 3月22日夜、大阪市内で倒れ、緊急入院していた。
 1975年、大阪の吉本興業に所属。島田紳助さんと組んだコンビは、リーゼントに作業服姿で乱暴な言葉も使う「ツッパリ漫才」で、若者の支持を受けた。お笑い番組「オレたちひょうきん族」にも出演、70年代後半からの漫才ブームの一翼をツービートらと担った。


数日前に、安定してきたので集中治療室から個室部屋に移ったと聞きまして安心してたのに、突然の訃報に悲しみを隠せません。

今月6日か竜介さんの50歳の誕生日。

それを機に、紳助が漫才活動を再開しようと約束していたらしいです。


非常に残念ではありますが、安らかにお眠りください。

謹んでお悔やみ申し上げます。


松本竜助さんが死去 漫才「紳助・竜介」で人気

おくやみ




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2006年03月31日

改革されぬNHK

hare.gif 快晴だよ


 NHKが、昨年四月段階で急増する受信料不払いによる減収が年間約三百六十億円に達すると把握していたことが、三十日開かれた参院総務委員会で明らかになった。その約一カ月前の平成十七年度予算案審議で、NHK側は「予算案より減収は四十億円程度膨らむ」と説明していた。大幅な“下方修正”にもかかわらず公表せず、半年近くたった昨年九月になって減収額を年間約五百億円と発表していた。
 沢雄二議員(公明)らの指摘で分かった。NHKの橋本元一会長は「見通しは早く説明すべきだった。反省し、おわびする」と陳謝した。
 NHKは、平成十七年度予算で受信料収入を前年比七十二億円減で計上していたが、不払い増加が想定を大幅に上回り昨年三月末で七十万件に達した。このため、昨年三月の衆院総務委員会などで、予算より減収が約四十億円膨らむ可能性を認め、予算案と実態との乖離(かいり)が問題視されていた。
 しかし、昨年四月下旬の段階で、受信料不払いの影響を調査した結果、“赤字”が少なくとも三百六十億円に達することを把握したという。この時点で発表しなかった理由について、橋本会長は「具体的な努力を行う前に、数字を示すのは責任ある態度ではないと考えた」などと釈明した。
     ◇
 参院総務委は同日、NHKの平成十八年度予算案を賛成多数で承認、公金意識の徹底などを求めた付帯決議を全会一致で採択した。


受信料拒否も、こんなにも莫大な金額になってるとは驚きだわ。

所詮、会長が代わってもお役所的な考え方は変わらないのね。

まぁあまり期待もしてないし、見たい番組もないから別にいいけど・・・・・


( ゚o゚)ハッ ERだけは見たい(-。-) ボソッ


NHK 40億…実は360億 受信料、大幅減収公表せず

NHK改革




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2006年03月29日

苦境の選択

hare.gif 朝日が眩しい


 耐震強度偽装事件で、建築基準法違反容疑で警視庁などの合同捜査本部による家宅捜索を受けた姉歯秀次元建築士(48)の妻(49)が二十八日早朝、千葉県市川市の自宅近くで死亡しているのが見つかった。現場や自宅から遺書などは発見されていないが、千葉県警行徳署は状況から、付近のマンションから飛び降り自殺したとみている。妻は病気のため精神科に通院していたという。
 同日午前五時三十五分ごろ、市川市富浜のマンション(七階建て)駐車場に止めた車の中で、血を流した女性が倒れているのを所有者の男性(44)が発見した。
 女性は病院に運ばれたが、全身を強く打っており、午前七時過ぎに死亡を確認。同署の調べで、姉歯元建築士の妻と分かった。
 調べでは、マンション最上階の手すり(高さ約一メートル)に乗り越えたような跡があったことから、妻は自殺を図って飛び降り、ほぼ真下に駐車してあった車のサンルーフを突き破ったとみられる。
 妻は黒いジャージー姿で、靴は車の近くに落ちていた。現場マンションは姉歯元建築士の自宅から南へ約二百メートル離れた場所にあり、オートロックなどはないため、自由に出入りできるという。

 ■懸念される姉歯氏の動揺 警視庁「捜査方針に変更はない」
 「病気がちの妻が当時、入退院を繰り返していた。断ると収入がゼロになるということで葛藤(かっとう)した」。姉歯元建築士は証人として出席した昨年十二月十四日の衆院国土交通委員会で、木村建設からの圧力に耐えかね、構造計算書の偽造に手を染めたとする平成十年ごろの心境を、こう証言していた。事件発覚後は自宅に帰っていないという姉歯元建築士。妻の死亡に精神的動揺をきたすことを懸念する声もあるが、警視庁などは「捜査への影響はない」としている。
 耐震強度偽装が発覚したのは昨年十一月十七日。翌十八日、姉歯元建築士は自宅前に集まった報道陣の取材に応じた。構造計算書の偽造はあっさりと認め、「申し訳ない」と謝罪しながらも、「(損害賠償は)私だけの責任ではない」と人ごとのような主張を繰り返した。この翌日から、自宅に戻らなくなった。
 周辺の住民によると、妻は以前から入退院を繰り返しており、姉歯元建築士ともども、あまり近所づきあいがなかった。偽装発覚後は、長男と二男が生活していたが、夫婦の姿はみられなかったという。
 妻は最近になって退院していたといい、数日前に自宅前で見かけたという主婦(33)は「少しうつむき加減に歩いていた。顔色も悪そうだったけれど、自殺するとは思わなかった」と驚きを隠せなかった。  姉歯元建築士は、昨年十二月二十日、警視庁などの合同捜査本部の家宅捜索に立ち会って以来、公の場に姿を現していない。
 この日も、自宅は電気がついてはいたが無言。問題発覚前から割れていたという窓ガラスは、そのままだった。
 一方、事件を捜査している警視庁の幹部は、「捜査への影響はない」との見方を示した。前例のない事件の全容解明には、なお時間がかかることが予想されている。捜査幹部によると、建築基準法違反容疑での立件に向け、姉歯元建築士の事情聴取は必要に応じて今も続けており、妻の死後も「捜査方針に変更はない」という。


事件発覚後から辛い生活が続いてたんでしょうね。

しかし、生活のためとは言え違法建築をしてたのはどうかと感じるが、病気がちの妻を・・・と聞かされると、同情もしたくなってしまう。

捜査は変わらず続けられるとの事。

そして本当に大変辛いと思います。


謹んでお悔やみ申し上げます。


姉歯氏の妻自殺 マンションから飛び降り 市川市の自宅近く

自殺問題




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
投稿者 hi^-^ro : 08:11 | コメント (1)

2006年03月28日

判決間近

kumori.gif でも暖かくなりました


060328_matsumoto.jpg 地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など13事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたオウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)について、東京高裁(須田賢(まさる)裁判長)は27日、被告の訴訟能力を認めたうえで、控訴を棄却する決定を出した。最高裁の統計がある78年以降、1審で死刑とされた被告の控訴審が、棄却決定されるのは初めて。事件の首謀者とされる被告に対し、高裁で一度も公判を開かずに死刑判決が確定するという異例の事態となる見通しとなった。
 弁護側は28日に控訴趣意書を提出する方針を示していたが、提出期限は昨年8月末で大幅に遅れており、高裁は提出の遅れが裁判を継続するための「やむを得ない事情」に当たらないと判断した。弁護側には高裁に異議を申し立て、さらに最高裁に特別抗告して争う手段も残されているが、この際の審理対象は裁判手続き上の誤りがなかったかどうかに限られ、退けられる公算が大きい。

 弁護団は期限だった昨年8月31日、控訴趣意書の「骨子」を高裁に持参しながら、鑑定への立ち会いなどを拒否されたことから提出しなかった。このことについて、決定は「鑑定方法などの問題と趣意書の提出期限順守の問題は、全く次元が異なる別個の問題。鑑定方法は裁判所の裁量に委ねられ、鑑定方法に納得できないとしても不提出が正当化されるとは考え難い」と指摘した。
 さらに、控訴趣意書を提出しなかった行為について「被告から実質審理を受ける機会を奪うという重大な結果を招くおそれをもたらし、弁護士の職責からみても極めて問題がある」と批判。さらに、裁判所が期限後に、数度にわたって趣意書提出を強く求めたことから「刑訴規則の『やむを得ない事情に基づく』とは認められないのは明らか」と判断した。
 また、決定は先月の鑑定結果に基づき、松本被告は訴訟能力を欠いていないと結論付けた。  高裁は04年6月、控訴趣意書の提出期限を05年1月11日と指定していたが、弁護団が「被告と意思疎通ができず、趣意書は書けない」と主張し、期限を同年8月末に延期した。さらに被告の訴訟能力の有無を判断するため精神鑑定を実施。2月20日に「訴訟をする能力を失っていない」との鑑定書が出されていた。
 刑事訴訟法は、裁判所が指定した期限内に控訴趣意書を提出するよう定め、これに違反した場合は決定で棄却するよう規定している。一方、刑事訴訟規則で「遅延がやむを得ない事情に基づくと認めるときは、これを期間内に差し出されたものとして審判をすることができる」との規定も設けられている。【武本光政】
 ▽松本被告の弁護人の声明 元来、公判を停止して治療すべきであるにもかかわらず、控訴審を開くどころか控訴棄却としたもので、裁判所がすべてを闇の中に葬り去ろうとしていることは明らか。直ちに棄却決定が無効であるとして異議申し立て手続きを取ると同時に、可能な限りの手段を講じて裁判所の暴挙を糾弾していく。
 ▽東京高検の笠間治雄次席検事の話 弁護人が正当な理由もないのに期日までに控訴趣意書を出さなかったのであるから、かねて当庁が申し立てた通り、裁判所が控訴を棄却したのは極めて妥当である。


死刑判決が下されるのも時間の問題となりました。

死刑に関しては賛否評論もありますが、被害者となった多数の方々、また残された遺族の方達への罪の償いはしっかりと取って欲しいです。


忌まわしい事件が2度と起こらぬよう願うばかり。


<オウム>松本被告の控訴棄却 死刑確定強まる 東京高裁

オウム真理教問題




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
7432646085030900591
つぶやきの記事一覧
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2017綛426 憜
  若悟 / 6085031若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space