ひとりごと


2005年08月08日

ゴールを目指せ

 日テレ系「24時間テレビ28 愛は地球を救う」(27日、後6時30分)でチャリティー・マラソンランナーを務める丸山和也弁護士(59)がこのほど神奈川・湯河原で3日間の合宿練習を行った。同局「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)でおなじみの丸山弁護士は史上最年長での挑戦。7月中旬に右足をガードレールにぶつけ、打撲。約2週間、練習ができず、不安の中での合宿入りだったが、計31キロを激走。走行距離も例年通り100キロに決定した。

 本番まで残り3週間を切った。チャリティーランナーにとって毎年恒例の合宿特訓。だが、歴代最年長ランナー・丸山弁護士は例年にない不安を抱えていた。

 発表から約1か月後となる7月20日。自主練習中、ガードレールに右足をぶつけ、すぐに痛みを覚えた。不幸中の幸いか、骨折ではなく打撲ですんだものの、合宿入りまでの2週間は練習を自粛。右足の痛みはもちろん、走ることもできない。合宿にも消極的になり、トレーナーの坂本雄次さん(58)らが自宅まで訪れ参加を説得した。

 合宿初日も、大げさに右足を引きずりながら登場し、苦笑い。「いや〜、2週間、憂うつでね。参ったなぁと。足も少し痛かったし。合宿に来る時も(新幹線から降りる駅の)熱海じゃなくて『いたみ』って気分だった」。だが、いざ合宿が始まると、不安は自信へと変わっていった。

 初日はあえて抑えめの8キロ。最初の1キロは速歩きの状態を保った。走れないのかとの周囲の心配をよそに、徐々にペースアップ。本番を想定し、あえて暑く、アップダウンの多いコースでの合宿となったが、疲れた様子を見せず、最後の上り2キロでは、スピードについていけない若いスタッフも。周囲から「復活だね」の声が次々と上がり、2日目は13キロ、最終日は10キロと計31キロを走り抜いた。

 6月末のランナー発表時は、かなり快調だっただけにハプニングを乗り越えても「ようやく振り出しに戻った感じ」と冷静だが、表情は一変し、笑顔。年齢を考慮し、走行距離は決まっていなかったが、合宿での練習ぶりから、例年通り100キロに正式決定。

 島田伸助ら「行列のできる法律相談所」のメンバーからも「顔つきが変わってきた」と言われたという。「僕はポンコツ車。格好悪くてもがむしゃらにやるだけ」。「法に魂を込める」がモットーの人情派弁護士が、マラソンにも魂を込め、世間の弁護士のイメージをまた変えそうだ。

 ◆丸山和也(まるやま・かずや)1946年1月23日、兵庫県生まれ。59歳。1969年、早大法学部卒業後に国家公務員上級職試験に合格し法務省入省。70年に司法試験合格。73年に結婚。76年にワシントンに留学、その後ロサンゼルスの法律事務所に勤務し、80年に帰国。現在、丸山国際法律特許事務所代表。「行列のできる法律相談所」には02年から出演。スポーツ経験は、学生時代の柔道部。近年は「暇さえあれば」スポーツクラブで水泳。


毎年恒例の24時間テレビでの100kmマラソンのランナーが、丸山弁護士と聞いた時は冗談かと思ってました。
タレントと変わらぬ扱いになってるのも凄いですね。


時間枠を気にせずマイペースでの無事完走を祈ります。


丸山弁護士59歳100キロいける! 湯河原合宿で自信

番組情報




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年08月07日

神奈川の恥

hare.gif ピーカンすぎる


 神奈川県警の警察官5人による盗撮行為が相次ぎ発覚した問題で、県警が処分を公表しなかったことなどに対し、市民からは500件を超える批判や疑問の声が県警に寄せられている。

 県警は「警察庁の指針に従ったもので、隠ぺいではない」と反論しているが、両者の感覚の隔たりは大きい。

 問題が発覚した6月23日から今月5日までに県警に届いた電話やメールは541件。ほとんどが「退職金を返させろ」「なぜ身内の犯罪は隠すのか」といった批判的な内容だという。駅で女子高生を盗撮しようとして鉄道警察隊に取り押さえられたものの、画像がないとして立件しなかった中原署巡査長のケースについて、県警幹部の中にも「犯罪は成立しており、送検して検察の判断に委ねるべきだった」という声がある。

 情報公開に詳しい千葉大の新藤宗幸教授(行政学)は「警察官の社会的立場を考えれば、懲戒処分は公表するのが普通の感覚。透明性確保が市民の信頼につながるのに、これでは隠ぺい体質と思われても仕方がない」と指摘する。

 こうした批判に対し、松本治男・県警警務部長は「処分は妥当。いずれも素直に認めており、悪質性は低く、社会的影響もない」と反論する。県警が非公表の根拠にしたのは、警察庁の2つの指針。「懲戒処分の指針」では、盗撮は停職か減給と規定。「懲戒処分の発表の指針」では、職務上の行為での懲戒処分はすべて公表するものの、私生活上の行為は停職以上を公表すると定めている。

 県警は今回、5人の警察官を減給かそれ以下とし、公表しなかった。停職(=公表)か減給(=非公表)かは、県警の裁量に委ねられているのが実情だ。

 一方、大阪府警は4月、女性のスカート内を盗撮しようとした警部補を府迷惑防止条例違反容疑で書類送検し、減給処分としたことを公表した。府警監察室は「府民の信頼確保のため、公表が適当と判断した」と説明。同室の桃井次雄監察官は個人的見解と断ったうえで、「後で発覚するより、先に公表した方が組織のダメージは少ない。処分決定の裁量権は府警にあり、指針はあくまで参考」と語る。

 逮捕されたケースで単純比較はできないが、山口県警は昨年7月、スカート内を盗撮した巡査部長を停職処分にして公表した。

 ◆県教委など、処分は9割以上で公表◆

 読売新聞が47都道府県と14政令市の教育委員会を対象に懲戒処分について調べたところ、9割以上で懲戒処分を原則公表していることが判明した。

 都道府県教委では、47教委のうち44教委が、政令市教委では14市教委すべてが、「懲戒処分は原則として公表」と回答。「公私の区別なく、懲戒処分は即日公表」のケースが多かった。青森県教委は6月から「教職員の非行抑止を期待して」懲戒処分の全面公表に踏み切り、神奈川県教委も「再発防止などの観点から」全面公表している。


取り締まる側がそんな態度でどうする!
国家公務員でありながら盗撮なる卑怯な手段を使うとは何事だヽ(`Д´)ノ ゴルァ
恥を知れ!!


警察は職務から離れれば何をしてもいいのだろうか?


「盗撮非公表」に市民から批判、神奈川県警は「妥当」

不祥事




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年08月06日

今年の夏も暑い!

050806_amedas.jpg 太平洋高気圧に覆われた日本列島は5日、各地で真夏の日差しが照り付け、大阪府豊中市では午後2時すぎに、今夏の全国最高となる38・4度を記録するなど、猛烈な暑さに見舞われた。  気象庁によると、このほか堺(大阪)で38・2度、館林(群馬)37・6度、福崎(兵庫)37・3度、熊谷(埼玉)37・2度などとなり、各地で37度を超えた。  今夏最高の暑さとなったのは帯広(北海道)34・4度、福島36・7度、前橋36・2度、金沢34・9度、大阪37・0度、京都36・9度など。6日も太平洋高気圧の勢力は強く、全国的に猛暑が続くという。


観測データ上位(高温)
( ̄∇ ̄; !! 朝8時現在で30度を超えてる地域が石川県を初め埼玉県、大阪府、宮城県となってるじゃん\(  ̄∇ ̄)/ エーーーッ!

外に出掛けられる方はしっかりと水分補給を取りましょう。


しかし暑くて寝てられません。。。


大阪豊中で38・4度 今夏の全国最高を記録

天気概況




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年08月05日

母親とは?

hare.gif 熱中症になるぐらいの暑さ


 生まれたばかりの赤ん坊の口をふさぎ、遺体を自宅のガスメーターに隠していたとして、神奈川県警磯子署は五日、死体遺棄の疑いで横浜市磯子区、アルバイトの少女(16)を逮捕した。
 調べでは、少女は三日午前三時ごろ、自宅のトイレ内で女の子の赤ん坊を出産したが、泣き声で同居している家族に知られてしまうことを恐れ、女の子の口をふさいで死亡させた。その後、同日午後二時ごろ、赤ん坊の遺体をポリ袋に入れ自宅ガスメーターの中に遺棄した疑い。
 遺体は四日夕、母親に発見された。同署は殺人も視野に少女の調べを進める。


母親と一緒に同居しているに、娘の妊娠が臨月になってるのに知らなかったのはなぜだ?

娘も娘でその事を家族にも言えずにトイレで出産するとは・・・


16歳わが子死なせ隠す 横浜

殺人事件




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年08月03日

ボンドカー

hare.gif 快晴


『007』次回作のボンドカーは、なんとフィアットの新型『パンダ』であることが判明した。これは制作中の映画関係者からの情報で、フィアットも認めている。来年公開予定の『カジノ・ロワイアル』で、パンダの勇姿を見られることになりそうだ。

タイプは4×4仕様で、色は黒。撮影用に2台がフィアットから納車された。
ボンドカーは80年代初頭まで、トヨタ『2000GT』、フォード『マスタング』など少数の例を除き、アストンマーティン『DB5』、ロータス『エスプリ』といった英国車が幅を効かせていた。

やがて95年の『ゴールデン・アイ』からは、BMWが3作にわたって使用された。前作の『ダイ・アナザー・デイ』でふたたびアストンに戻り、『ヴァンキッシュV12』が使われた。

もし、今回のパンダが“お笑い系”ボンドカーだとすると、81年『ユア・アイズ・オンリー』のシトロエン『2CV』に続く快挙となる。

007シリーズは回を重ねるごとに、スポンサー色が濃くなっている。パンダ選定もフィアットのセールスによるものか、ストーリー上の必然性か気になるが、現在そこまで明らかにされていない。

いずれにしても、前作の5.9リットルV12から、いきなり直列4気筒1251ccになる。ボンドガールの反応は、等々、今からスクリーンが楽しみである。


ボンドカーらしからぬ小型車の採用ですな。

でしたら次回策は是非、スマートなどを採用してください。


次期ボンドカーはフィアット パンダ!

レスポンス




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
27839616109933202761
つぶやきの記事一覧
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2017綛1218 憜
  若悟 / 6109934若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space