ひとりごと


2005年11月02日

バイクでもノンストップ

hare.gif 今日も晴れ


051102_etc.jpg9月のハイカ販売停止以来、割引制度が全廃されていたオートバイの高速道路走行に、ようやくETC割引適用の兆しが見えてきた。国土交通省道路局有料道路課と東日本、中日本、首都の3高速道路株式会社は「二輪車ETCの一般試行運用」の募集を、11月1日午前10時から開始すると発表した。

ETC制度は6年前からスタートしているが、オートバイは専用の車載器が存在せず、現在に至るまで利用ができなかった。そのため首都圏では、この4月からバイク便や白バイなどを対象とした特定モニターを行い、オートバイへのETC適用を模索してきた。

今回の一般モニターは、3000回以上の特定モニターの通行により安全性を確認し、モニター運用とはいえ、バイクユーザーであればだれでも参加できるように、応募要件を広げた。ただし、モニター期間中は、走行できる路線が限定されているため、モニター資格に一定の応募条件がある。

応募対象者は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県在住の排気量125cc以上のバイクの所有者で、車載器取付のために事務局が指定する取り付け店に車両を持ち込むことが可能なこと。違法改造車でないこと。

モニター対象区間は、当面、特定モニター区間と同じ下記の通りだ。
・京葉道路の一部(一之江−花輪)
・第三京浜道路全線、横浜新道全線
・首都高速道路全線
・中央自動車道(高井戸−八王子間)
・東京外環自動車道全線

参加者は、車載器(6万−8万円相当)と取付工賃(約1万円)が無料。通行料は自己負担となるが、利用回数などのノルマはない。

バイクETC事務局の財団法人道路新産業開発機構のホームページ(http://www.hido.or.jp/nirin/index.html)から、応募が可能だ。当面は1000人を目処に募集を行う。


私は原チャリの免許しかを持ってないんですが、高速を利用するバイク乗りの人にとっては便利になりますね。
また関西方面でもモニターを募集してるようです。

エアバック付きのバイクがあるとか発売されるとか言うので、ETCも標準装備にもなるんだろうなぁ


でもこの取り付け位置はもう少し何とかして欲しい。


レスポンス




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
投稿者 hi^-^ro : 12:42 | コメント (0)

2005年10月21日

東京モーターショー

hare.gif ん?曇ってきたな


明日、10月22日(土)〜11月6日(日)と長期に渡るモーターショーが開催されますね。
私的に目玉はなんと言ってもGT-Rですわ。

051021_GT-R.jpg

フロントとリア周りに使われてるカーボンがとてもレーシーでいいじゃん!


もうひとつ気になるのが次期セルシオとなるレクサスLFーSh

051021_lexus.jpg

ん〜、サイドの作りはレクサスと思わせる独特なデザインである。


東京モーターショー2005特集




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年10月17日

便利の仇

ame.gif 小雨です


 無線を使ったホンダの自動車用最新型キーで、誤作動のため利用者が外から車に入れなくなるなどのトラブルが続発したため、同社が9月からこのキーの採用を取りやめたことが分かった。人の手をまったく使わず施錠できる業界最先端のシステムだったが、それが逆にあだとなってしまった。
 トラブルを起こしたのは、厚さ数ミリのカード型「スマートカードキー」。利用者のポケットなどに入っていれば、キーから出る電波を自動車が受信して自動的に認証を行う仕組み。乗車時はドアのハンドルを握るだけで解錠され、降車時はドアを閉めて車から離れれば勝手に施錠される。他メーカーのリモコンキーの場合は、施錠にはドアのボタンを押すなどの人手による作業が必要だが、ホンダの技術ではそれが不要で、より自動化が進んだ最先端のシステムとされていた。
 02年からオデッセイやアコードなど新車の一部に標準装備され、希望者向けには3万〜7万円のオプションとして販売された。現在約18万3000人が利用している。ところが昨年後半以降、携帯電話などの電波の影響で、キーを車内に置いたままでも、降車してドアを閉めると施錠されてしまうケースが続発。いったん施錠されると中から解錠することはできず、専門の業者を呼んで開けるまで、人が車内に閉じ込められる騒ぎまで起きた。従来型のキーも装備され、このキーを使えば開けられるが、カードキーの利用者は、従来型キーを携帯していないことが多く、出先で困りはててしまうという。
 このため、同社は9月に一部改良して発売した最上級車「レジェンド」から、利用者がドアのハンドルに触れなければ施錠できない仕組みに変更。自動車の安全性には問題ないため、リコール(回収・無償修理)には該当しないが、同社は今春から、利用者全員にダイレクトメールでトラブルが起きていることを通知した。ただ技術的な改修は難しいため、メーカーとしては注意を呼びかけるラベルをキーに張ることしかできず、対応に苦慮している。


キーを必要としないスマートカード類が常識化しつつあると思ってたらこんな事故が。
便利な反面、怖いものでもあるんですね。


<自動車用最新型キー>トラブル続発で採用中止 ホンダ

自動車産業




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年10月10日

関東秋のお茶会

ame.gif 今日も雨です


051010_tee01.jpg

小雨の降るなか昨日決行されました。でも午後からは止みましたけど寒かったです(涙)


首都高速用賀料金所付近で事故渋滞があり東名まで延びておりましたが、そこから下道で行く事としてましたのでなんとか回避。

環八を走行中、しばらくしてから一本の電話。
k「あー、kですけど。○○○を買ってきてくれません?」
h「え?禁煙中ですよね?誰かの頼まれですか?」
k「・・・・・」

私は口が堅いので口外しませんのでご安心を(-o-)y-~~~~



051010_tee02.jpg

雨でしたので橋の下にカズキンちゃんが持ってきてくれましたタープを設置。
しか〜し、この場所は風の通りがいいせいか寒い寒い!


051010_tee03.jpg

私はコンビニ弁当(おにぎり)で済ませてしまいましたが、またまたカズキンちゃんが持ってきてくれたマグロのカマが(゚Д゚)ウマー
また写真にはありませんけど、くろくまさんが持ってきてくれましたトン汁も身体が温まり、美味しく頂きました。


みなさんお疲れ様でした。




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space

2005年10月08日

モンスターが帰ってくる

kumori.gif これから雨なんだって


051008_GT-R.jpg 日産自動車は7日、東京モーターショーに出展するコンセプトカー「GT―R PROTO(プロト)」を発表した。

 プロトは、2007年に復活する「スカイラインGT―R」の試作モデルで、実際に発売される車とほぼ同じデザインとなっている。スカイラインGT―Rは、1969年の初代モデル発売以来、「走り」にこだわるドライバーに人気のある看板スポーツカーだ。

 しかし、先代モデルが2002年8月に生産を終了し、ファンから復活を求める声が強まっていた。


2002年に生産終了って事は、まだ3年ぐらいしか経ってないんですね。
国産車のモデルチェンジ(マイナーチェンジ含む)が多いので、もっと月日が経ってたような気がしました。

当然、リッター100(ps)オーバーだろうし、3年間の熟成に期待したいと思います。


Rファンにはたまらないですね。o(^o^o)(o^o^)o ワクワク


GT−Rが帰ってくる!日産が試作モデル発表

東京モーターショー




このエントリーのトラックバックURL:
blank_space
15526470991415681
の記事一覧
blank_space
カテゴリー
blank_space
月別アーカイブ
blank_space
Amagle PartnerNet
blank_space
お勧めAmazon
Amazon Web Services

Amazon Web Services

2018綛1219 憜
  若悟 / 992若娯賢   罨<若
blank_space
リンク

クルマの部屋

本家のサイトだす(*゚д゚)
とほほのWWW入門
PHP マニュアル
レッツPHP!
できるCGI
TohrudcFamilyPage
コロボースキンDL
昨日 今日 明日
† Atelier Kanon †
Yahoo! JAPAN
Google ニュース 日本版

☆クルマ&ブログ仲間☆
GARAGE ODYSSEY
アエラスSとオレ物語
FULL-SCRATCH
ody industrial
サイコドライブblog
カービュー






track feed












Sony Style(ソニースタイル)

オートバックスドットコム

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

価格.com 自動車保険 一括見積り





RSS feed meter for http://blog.vaioclub.com/

QLOOKアクセス解析
blank_space
Powered by
blank_space